easyharp easyharp
トップページへ戻る はじめに 通常BBS 宣伝BBS ハーモニカの吹き方 教室の紹介 ブルースハープ関連商品等 リンク
ブルースハープ講座
ブルースハープ講座 「ポジションについて」
 
ブルースハープって?
ハーモニカの種類
ハーモニカのキー
ハーモニカの持ち方
腹式呼吸
単音練習
ポジション
バンプ奏法
ハーモニカの構造
よくある質問Q&A
 
 
 
ポジション

演奏する時にとても大事なこと。

1つのブルース・ハープでいろんなKey(調)の曲を演奏できます。これをポジション奏法とよんでいます。 以下、(1)ファースト、(2)セカンド、(3)サードの各ポジションの特徴と、曲のKeyとハープのKeyの対応関係を 表にしてみました。 解説:小西 進
 
 
ファーストポジション・・・曲のKeyと全く同じKeyのハープを使う。
ファーストポジションとは演奏する曲のキーがCの場合、使用するハープのキーも同じCのハープを使用して演奏する吹き方のことを言います。主に吹く方が中心になる事が多いです。
 
曲のKey
G
A♭
A
B♭
B
C
D♭
D
E♭
E
F
F#
ハープのKey
G
A♭
A
B♭
B
C
D♭
D
E♭
E
F
F#
 

 
セカンドポジション・・・曲のKeyの、完全4度上のKeyのハープを使う。
セカンドポジションとは、曲のキーより、完全4度上のキーを使用する奏法のことを言います。もし曲がGの場合なら、Cのキーを使う事になります。セカンドポジションこそブルースハープの奏法でもっともメインで使用する奏法かもしれません。
主に吸いを中心とした演奏方法が特徴なので、ベンドを使った奏法が。
 
曲のKey
G
A♭
A
B♭
B
C
D♭
D
E♭
E
F
F#
ハープのKey
C
D♭
D
E♭
E
F
F#
G
A♭
A
B♭
B
 

 
サードポジション
サードポジションは曲のKeyの2度(全音)下のKeyのハープを使う。マイナーの曲を演奏するのに使う。
 
曲のKey
G
A♭
A
B♭
B
C
D♭
D
E♭
E
F
F#
ハープのKey
F
F#
G
A♭
A
B♭
B
C
D♭
D
E♭
E
 
 
 表を見るとわかるように、また逆に、同じKeyのハープ、例えばKeyがCのキーのハープ1本で、Keyが Cの曲(ファースト・ポジション)、KeyがGの曲(セカンド・ポジション)、KeyがDmの曲(サードポジション)を演奏することができ るわけです。
  また、同じ曲のKeyを演奏するにも、違うKeyのハープで演奏することができ、それぞれのポジションには、独特の味わいがあります。いったい誰が考えだしたのかわかりませんが、ブルースハープ独特の奏法の一つで、この楽器の奥深さを思い知らされます。

 ポジション奏法には、ほかにも、ナチュラルマイナーポジション(例:KeyがCのハープを使ってKeyがAmの曲を吹く)や、フ ォースポジションなどもあります。ここではファースト、セカンド、サードの三種類についてのみ紹介しました。